日に日に分からんことが増えていく…

プログラマー初心者としての日々を学んでいることを記録していく。

AWS(Red Hat)にpython3.6をインストールしてpipやvirtualenvを作成する方法。

python3.6をインストール。

##いるものをインストール。
$ sudo yum install yum-utils make wget
$ sudo yum install zlib-devel -y
$ sudo yum install gcc libffi-devel python-devel openssl-devel
$ cd ~
## wgetよりpython3.6をゲット
$ wget https://www.python.org/ftp/python/3.6.1/Python-3.6.1.tgz
$ tar xzf Python-3.6.1.tgz
$ cd Python-3.6.1
$ ./configure --enable-optimizations

## /usr/local/binにインストールするため。
$ sudo make -j8  
$ sudo make altinstall

## pip3.6もインストールされる。
Collecting setuptools
Collecting pip
Installing collected packages: setuptools, pip
Successfully installed pip-9.0.1 setuptools-28.8.0

virtualenvのインストールとvirtualenvの作成。pipはhttpsのものはできない。

# /usr/local/bin/pip3.6 install virtualenv virtualenvwrapper

$ virtualenv --version
15.1.0

$ sudo vi ~/.bash_profile

### Virtualenvwrapper
export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/local/bin/python3.6
if [ -f /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh ]; then
    export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
fi
###################

$ source ~/.bash_profile

# bigdata作成
$ mkvirtualenv bigdata
$ workon bigdata
(bigdata) $ できるようになったーーーー

Release History — virtualenv 15.1.0 documentation

pypi.python.org

stackoverflow.com

qiita.com